葬儀を行う斎場のタイプ - 無宗教葬という葬儀スタイル
  • 葬儀を行う斎場のタイプ

    現在では、葬儀を行う場所として斎場が利用される場合が多くなっています。


    しかし斎場にもさまざまなタイプがあるため、あらかじめそのことを知っておくと便利でしょう。

    まず挙げられるのは「公営斎場」であり、市や区といった自治体が運営しています。
    使用するためには故人か喪主がその自治体に在住していること等が条件になるのが普通ですが、その自治体以外の方でも利用できるケースもあります。

    葬儀を利用してみる価値はありますよ。

    メリットとしては、民間の場合と比べて費用が安く済むということや、火葬場が併設されている場合が多いため移動の手間がかからないということなどがあると言えるでしょう。


    ただし希望者が多いため、待機する日数がかかったり、アクセスに不便な場所にあることが多いという注意点もあります。


    次に挙げられるのは「民間の貸式場」であり、公営よりもかなり多くの数が存在し、寺院が境内に施設を設けている場合もあります。


    メリットとしては、待機する日数が少なくて済むことや、交通アクセスの良い場所に多いこと、そして葬儀社の制限が無い場合が多いことなどがあると言えるでしょう。

    ただし、公営より費用は高くなります。

    さらに挙げられるのは「葬儀社の自社斎場」であり、規模の大きな業者が所有している場合が多いと言えます。メリットとしては、設備が充実していることや、自社の施設なので何かと融通が利くことなどが挙げられるでしょう。



    ただし、その斎場を利用する場合はそれを所有する葬儀社のサービスを利用するのが条件になります。