自宅葬という葬儀スタイルについて - 無宗教葬という葬儀スタイル
  • 自宅葬という葬儀スタイルについて

    現在では、斎場を借りて葬儀を行うのが当たり前になっていますが、かつてのように自宅で行うという自宅葬も再び見直されていると言われています。
    最近では家族葬のような少人数で行う葬儀が増えているため、斎場ではなく自宅でもできる場合が多いということが、自宅葬が見直されている理由の一つだと言えるでしょう。

    自宅葬のメリットとしては、まず住み慣れた自宅で最期のお別れができるということが挙げられます。

    葬儀の人気度が上昇しています。

    斎場は葬儀に特化した設備が整っているため便利だと言えますが、慣れない場所でもあるため、自宅のほうがいいという方も増えていると言われています。

    そして斎場と違って時間の制限がないため、出棺の時間までゆっくりと過ごせるということもメリットだと言えるでしょう。

    さらに当然のことながら、場所を借りる費用がかからないことも大きなメリットになると言えます。
    一方で注意しておきたいこととしては、近隣への配慮が必要になるということがまず挙げられます。

    出入りの際の話声やお焼香の匂いなどに注意する必要がありますし、トラブルを避けるためには事前に近隣の方へご挨拶をしておくことも重要でしょう。



    そして自宅で行う場合はスペースを確保するために部屋の片づけをする必要が出てくる場合がありますし、弔問客の人数が多い場合はそれなりに広いスペースの確保が必要になります。

    また、車で弔問に来られる方がいる場合は駐車場の確保も必要になってくると言えるでしょう。